肌の黒ずみができる要因について

未分類

みなさんの中にも肌の黒ずみが気になるという人もいるかと思います。
私も最近になって肌の黒ずみが気になるようになりました。

ただ、肌の黒ずみができる要因は色々あって加齢によって肌が黒ずんでくる場合もあれば
肌の組織を外部から傷つけてしまって黒ずむ場合もあります。

ですから、肌の黒ずみは実は気を付けていれば意外と防げる事が多いです。
特に肌にしてはいけないのが肌が加齢と共に乾燥して痒くなった時に無意識のうちに
引っ掻く事です。

それが肌に一番やってはいけない事です。それだけ気を付けるだけでもかなり肌の状態に
差が出てきます。ちなみに私は加齢で肌が乾燥してしまって、目の下の油分がなくなって
痒くて目の下を引っ掻いて肌が傷ついてしまって肌が黒ずみました。

それで私は目の下にクマができたようになってしまい、周囲から変な目で見られるようになってしまい、皮膚科に行きました。

それでかゆみ止めをもらって肌を引っ掻かなければそのうち肌の黒ずみが消えると言われて
しばらく様子を見ていました。確かにいくらかゆみ止めを使ってもすぐに肌の黒ずみが消える事はなかったですが、それでもしばらく肌を引っ掻かないでいたら黒ずみが薄くなっていきました。

なので肌の黒ずみができる要因は外部からの傷を付けてできる事もあるのでその点も気を付ける必要があります。